🌷少納言👩好み💞貴婦人のたしなみ😜🌷🍀笑顔応援隊 iブログ🍀

少納言👩は綺麗なもの カワイイものが好き🌟古今東西のよきものにふれて人生豊かに過ごしましょ💞

文学📚

平安時代も 令和の時代も 蚊はにくらしいものなり🌺〜枕草子 にくきもの🌿

ええい、不届きもの手打ちにしてくれるわっ 油断すると蚊に刺される 年齢を重ね、あまり蚊に刺されることの減ったけど 空腹の場合、見境なくアラフィフのわたくしも狙われることもございます 血を吸うだけならいいけど、なんでいちいち痒くする必要があるの…

白居易様の長恨歌🌸 在天願作比翼鳥🕊 在地願為連理枝🌿 連理の枝🌿は京都にあります💖

過去記事再編集 仲良きことの例えとして、比翼の鳥、連理の枝というたとえをよく耳にしますが、 白居易はっきょい様の長恨歌ちょうごんかの一節が元になっておりまする✨ 在天願作比翼鳥 在地願為連理枝 天にあっては、願わくは比翼ひよくの鳥となり 地にあっ…

清少納言様の申されることに、少納言👩赤べこ様のように頷きましたわ(((o(*゚▽゚*)o)))💐

連休 時間もできることだし、枕草子読もうかなあ 令和の今も、王朝の時代も人の喜び、悲しみがいきいきと描かれています。 過去記事で取り上げたものもあります 過去記事より 〜〜たゆまるるもの (サボっちゃうもの)〜〜 精進の日の行ひ。(精進の日のお勤…

願わくは 花の下にて 春死なん その如月の 望月の頃🌸〜西行法師🌿

今日は春らしい穏やかな一日でございました。 昨日よりもさらに美しい桜にしばらく見とれていました。 桜の和歌は数多く、どれほどの方を魅了したのか‥ 可憐で儚げな花を見つつ、桜をゆるりと眺める幸せを感謝しました 桜の時期になると、少納言が一人でブツ…

散ればこそ いとど桜は めでたけれ うき世になにか久しかるべき🌸詠み人しらず🍃〜伊勢物語より

少納言日記より再掲載 散ればこそ いとど桜は めでたけれ うき世になにか久しかるべき〜詠み人しらず 散るからこそ、いっそう桜は美しく素晴らしいのです。はかない世の中に永遠なるものなどあるでしょうか?いやあるはずはありません 詠み人知らずのこの和…

「太平記」美しさも尊さも強さも愚かさも人というのは愛おしき💠

「太平記」後醍醐天皇楠木正成、新田義貞、足利尊氏の生き様にワクワクして読見ました 美しさも尊さも強さも愚かさも醜さも全てひっくるめて人なのでしょう 少納言日記より転載 新平家物語を読み終えた背の君‍ 今度は「太平記」を読んでおります 少納言がせ…

「虫めづる姫君🦗💞」堤中納言物語🌿

堤中納言物語より 『虫めづる姫君』 わたくし、足が6本も、足が8本も、足がないのも、 たくさんもも苦手でございます 初めて、虫めづる姫君を読んだときは、 その潔いまでの、虫変態ぶりに感服いたしました この姫君ののたまふこと、「人々の、花、蝶やと…

枕草子🌸「にくきもの」それは蚊でございます😅

ええい、不届きもの手打ちにしてくれるわっ 保育士としてお上にお支え申し上げている少納言 今日も、姫君、若君を狙う 不埒な蚊と闘っておりました 年齢を重ね、あまり蚊に刺されることの減ったとは申せ、 空腹の場合、見境なくアラフィフのわたくしも狙われ…

👑マクベス👑「きれいは汚い 汚いはきれい」三人の魔女🧙‍♀️🧙‍♀️🧙‍♀️の言葉が深い🏰

ジュゼッペ・フォルトゥニーノ・フランチェスコ・ヴェルディ 19世紀を代表するイタリアのロマン派音楽の作曲家であり、 主にオペラを制作した。「オペラ王」の異名を持つ。 代表作は『ナブッコ』、『リゴレット』、『椿姫』、『アイーダ』『マクベス』など …

たゆまるるもの(サボっちゃうもの💦)〜枕草子より🌸 王朝人も現代人も同じかも😜

高畠華宵筆清少納言でございます 少納言日記より転載今も昔も人というものは、案外変わるものではございません 枕草子にも、 〜〜たゆまるるもの (サボっちゃうもの)〜〜 精進の日の行ひ。(精進の日のお勤め) えへっ めちゃ わかりますわ 遠きいそぎ。 …

東海道中膝栗毛😅やじさん🚶‍♂️きたさん🚶‍♂️江戸の旅は過激すぎっ(^◇^;)💦

東海道中膝栗毛‍♂️‍♂️喜多さんが五右衛門風呂を踏み抜いた小田原 東海道中膝栗毛 作者✒️十返舎 一九 じっぺんしゃ(じゅっぺんしゃ) いっく (登場人物) 弥次さん‍ 弥次郎兵衛(やじろべえ) 東海道の旅に出発当時数え歳50歳 放蕩が過ぎて借金作って江戸に夜…

一条天皇👑も宇多天皇👑もお猫様🐱に夢中💞  お猫様🐱、源氏物語でも柏木が女三宮に恋するきっかけを作ります💠

いにしえの都の宮中にて、御ねこ様は、 殿上人としてお勤めをなさっておいででございました 一条帝の命婦のおとど様は御寵愛も深く、 ご出産のお祝いの席には、数多くの公達もおいでになったとか✨ (枕草子 上にさぶらふ 御猫は〜参照) 宇多帝の御ねこ様は…